大阪のスナック・バー許可なら 風俗深夜営業許可専門.Comキャバクラ・深夜酒類営業店・麻雀店など風俗営業に関わる全てのことに対応します。大阪・兵庫・京都・奈良の小規模・個人オーナー様の独立開業を全力で応援します。 大阪のスナック・バー許可なら 風俗深夜営業許可専門.Comキャバクラ・深夜酒類営業店・麻雀店など風俗営業に関わる全てのことに対応します。大阪・兵庫・京都・奈良の小規模・個人オーナー様の独立開業を全力で応援します。

風俗営業許可とは

 ○ 風俗営業許可の種類

 

第1号(キャバレー等)
設備を設けて客にダンスをさせ、接待、飲食を伴う営業
第2号(スナック、バー、キャバクラ、クラブ等)
設備を設けて客の接待をし遊興、または飲食させる営業
第3号(クラブ、ディスコ等)
設備を設けて客にダンスをさせ飲食させる営業で接待は不可
第4号(ダンスホール等)
設備を設けて客にダンスをさせる営業で飲食・接待は不可
第5号(低照度飲食店)
客席の照度を10ルクス以下で飲食させる営業では接待等は不可
第6号(区画個室飲食店)
さ5平方メートル以下の客席で飲食させる営業で接待等は不可
第7号(麻雀屋、パチンコ屋等)
第8号(ゲームセンター等)

 

 

 

○ 風俗営業における接待

 

「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」をいいます。具体的には「異性・同性に関係なくママさんやホステスさん等が特定の客の近くで、談笑の相手をしたり、お酒を作ったり、お酌をしたり、一緒にカラオケをデュエットするような行為」が該当し、歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなす行為をさします。

 

  

 

風俗営業許可・深夜酒類届のさらに詳しい
あんどう行政書士事務所のサイトはこちら!

logo

logo